記事リスト

女性

誰でも利用できる学校

夜間の専門学校は、夢を叶えるための勉強をしたい社会人にピッタリです。資料請求はインターネットで行う事ができるため、仕事終わりに問い合わせたい人も安心です。就職サポートを行っている学校であれば、卒業後に学んだ事を活かしたい人んも満足できます。

詳しく見る

ネイルチップ

ネイルの学校選び

ネイルスクール選びは目指す目標によって変わってきます。趣味で楽しむネイルなら費用もおてごろで名古屋でアクセス便利な場所や普段のオシャレに役立つ技術を学べるネイルスクール。プロのネイリストを目指すには、専門的な知識や技術、現場でのノウハウなど就職に向けてより深く学べるネイルスクール選びが大切です。

詳しく見る

女の人

様々な美容を学べる

美容専門学校では様々な美容の知識や技術を身に付けることができますが、トータルビューティコースならヘアカットやネイル、エステなど色々な美容を学ぶことができます。学べる美容は学校ごとに違いがありますので、入学前には学びたい学科が含まれているかチェックしておきましょう。

詳しく見る

勉学

自分のペースで学べる

夜間の専門学校は働きながら、長期間通うのに向いています。特に司法書士のような難しい資格を取る場合は、働きながら夜に学校に通った方が経済的に楽になります。転職のために短期間夜間の専門学校に行くのも良い方法です。

詳しく見る

マニキュア

資格取得の体制を調べます

名古屋ほどの大都市ならネイルスクールの選択肢は多いですが、資格取得のサポート体制が充実しているかどうかが大事になってきます。また交通アクセスや開講している時間帯を考慮して、継続して通いやすいネイルスクールを探すのも重要だと言えます。

詳しく見る

AO入試で受験する

ウーマン

説明会への参加が必要

トータルビューティコースのある専門学校は、多くの場合、AO入試を行っています。AO入試はアドミッションズ・オフィス入試の略で、大学入試でも用いられることが多い方法です。学力試験を行わず、高校の成績や評価、面談などを通して入学の可否を判断します。高校での成績や出席日数など関係なく出願できるため、目的の専門学校がある人の多くが利用する方法です。一般入試との併用もできますので、AO入試で残念ながら不合格だった場合でも、一般入試で同じ専門学校に挑戦できます。専門学校によっては、AO入試は特定の学科しか行っていないということがありますが、大手の美容専門学校の大半はトータルビューティコースでAO入試を実施しています。AO入試を受験する際は、専用の入学願書、AO入試のエントリーシート、高校で発行してもらう調査書などが必要になります。すでに高校を卒業している場合でも、入試のために必要であることを連絡すれば調査書は用意してもらえます。AO入試のエントリーシートは、専門学校の説明会やオープンキャンパス、体験入学といった受験生向けのイベントの際に配布されることが多くなっています。そのため、こうしたイベントに少なくとも1回は参加していることがAO入試の受験資格になっているケースが多いです。説明会などのイベントは実際にトータルビューティコースでどういった内容の授業が行われているかわかりますし、スタッフや在校生の生の声が聞けるチャンスです。トータルビューティコースの受験を考えている人はもちろん、まだ進路に迷っているという人にも参考になるイベントですから、参加して損はありません。
また、トータルビューティーコースがある専門学校ではネイルなどを学ぶことができるのですが、ネイルだけに特化して学びたいという場合はネイルスクールを選ぶと良いでしょう。大阪を始め全国各地にネイルスクールはあるので、自分の通いたい学校を探して通うと良いです。